なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「濃濁(こうだく):肉盛」@麺屋 節と煮干の濃厚ばかっぷるの写真醤油の分類にして良いかは?ですが、かなり濃厚な魚介(様々な煮干し系が混ざり複雑な)スープと中細麺の組合せです。カウンター&テーブル席(計15名程入店可)で主人1名で営業されてました。濃濁(こうだく)と言う一番濃厚とされる商品に肉盛で¥1,130円(高額商品)を自販機で購入です。約4分ほどで着丼。着丼前に、白飯(あがり飯)と先付(半生のふりかけ状の物と大根)が提供されます(これはサービスの様です)。今までの経験で初めての濃厚(豚骨とか鶏白湯などとは違う)な魚介ダシです!凄いです!肉盛のチャーシューもぶ厚いバラ豚角煮がドン!と3枚乗せられます。サービスの白飯があったから完食完汁で来た状態で、ほぼノックアウトでした。元寿司屋の店主がつくる一品で、賛否両論あると思われますが、濃い(醤油とか塩の濃さでは無い)一品が好きな方には是非お勧めしたいです。この濃濁は、つけ麺のつけ汁に近い(他店である)状態なので、注意して下さい。ごちそうさまです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。