なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「どろ坦々・水戸黄門」@馬鹿殿の写真【気分の良い日】
お気に入りのセラピストさんとの別れ。
ビックリしながらも
「私達が関東に進出します!」
と笑顔で送り出してくれた。
身も心も爽やかな気分とは、まさに今のような状態の事を言うのだろう。
さて、この気分に相応しい食事は何だ?
二郎系?鯖?鶏白湯?貝出汁?
いや、ここはガツンと山椒を効かせ、汗だくにさせてくれる水戸黄門だろう。
馬鹿殿に辿り着き、辛子高菜を摘みながら、フワフワとした気分で待つ。
しかし、着丼と共に我に帰る。
_
パクチーどーん
辛味噌ばーん
どろ豚骨がネッチョーリ
_
こんな刺激的な食いモンはなかなか無い。
中太麺を啜りながら汗を拭く。
バーナーで炙られたチャーシューを頬張りながら汗を拭く。
パクチーを麺に絡めながら汗を拭く。
汗をかく気持ち良さ。
脳に響いてくる刺激。
舌を刺激してくる痺れ。
脳内麻痺しながら、丼リターンで〆ライスを投入してもらう。
底に溜まったネッチョリ豚骨が米と絡み合い、褐色の旨味爆弾へと変貌する。
丼を空にして、過ごしやすくなった夜風に当たりながら、フワフワした足取りで家路についたのだった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。